理科は自然科学の歴史|中学受験のためのアルファ理科実験教室

中学受験のアルファ理科実験教室
実験教室授業日程 実験教室カリキュラム 実験教室受講料金 実験教室風景 アルファコラム
アルファ実験教室受講予約

アルファ実験教室ベーシックコース
理科実験教室7 中学受験と理科実験
理科実験教室7 授業料について
理科実験教室7 体験授業について
理科実験教室7 教室へのアクセス
理科実験教室7 よくあるご質問
 
アルファ実験教室のご案内
  中学受験と理科実験
  授業料について
  体験授業について
  教室へのアクセス
  よくあるご質問
 

実験教室カリキュラム
  1・2年アルファコース
  3年プライマリーコース
  4年ベーシックコース
  5・6年スタンダードコース
  6年アドバンストコース



 

  アルファ実験日記
【2013/4/17】

中学受験理科で学ぶ内容は、自然科学の歴史でもあります。
例えば「光」を取り扱う分野では、光の性質として下の3つが説明されています。

@ 光は直進する
A 光は平らな鏡で反射し、この時入射角=反射角となる
B 光は水やガラスの境界面で屈折する


@とAは紀元前2世紀、古代ギリシアのエウクレイデス(あのユークリッド幾何学で有名なユークリッド)らによって体系立てられた分野です。Bはそれよりも少し新しいのですが、それでも2世紀アレクサンドリアのプトレマイオスがその関係を見いだし、17世紀のホイヘンスによって完成されました(ホイヘンスの原理)。

このうち@光の直進性は、子供達はなんの疑問もなくストンと受け入れます。
そんな単純なところから、どのような問題が作られるのかというと、ピンホールカメラを使った問題が多いです。

ピンホールカメラは、アルファでも何度か登場します。
3年生では自分たちの手で作ってみますし、
4年生では像の形や、大きさを学びます。

その原理があまりに単純であり、覚えることも少ないのですが、
敢えて出題される場合には、一筋縄ではいかないような問題作りがなされます。
「像がさかさになる」など言葉の暗記のみだと、太刀打ちできないでしょう。

今回の5年生の授業では、複数個の穴が開いた箱を使って、光の三原色の色を見る実験をします。





どのように見えるか、想像できますか?

穴の数や形や大きさがどのように変化しても、
光が進む道すじを、1本1本描いていけば、正解にたどりつきます。


Check