とけたナフタレンは元に戻るか?|中学受験のためのアルファ理科実験教室

中学受験のアルファ理科実験教室
実験教室授業日程 実験教室カリキュラム 実験教室受講料金 実験教室風景 アルファコラム
アルファ実験教室受講予約

アルファ実験教室ベーシックコース
理科実験教室7 中学受験と理科実験
理科実験教室7 授業料について
理科実験教室7 体験授業について
理科実験教室7 教室へのアクセス
理科実験教室7 よくあるご質問
 
アルファ実験教室のご案内
  中学受験と理科実験
  授業料について
  体験授業について
  教室へのアクセス
  よくあるご質問
 

実験教室カリキュラム
  1・2年アルファコース
  3年プライマリーコース
  4年ベーシックコース
  5・6年スタンダードコース
  6年アドバンストコース



 

  アルファ実験日記
【2013/4/19】

押し入れやタンスの防虫剤として使われるナフタレン。
白い固体ですが、時間がたつと少しずつ昇華して気体になり、
この気体が強いにおいを出して、防虫効果を発揮します。

6年生「物質の三態」の授業で、このナフタレンを取り扱いました。
アルコールランプで熱してみます。
80℃くらいまで温度が上がると とけて きます。
「とけた!水みたいになった!」 と子供達は喜びます。
確かに、見た目は水とそっくりです。

水のようになってしまったナフタレンを指して
「このナフタレンを冷やすとどうなるでしょうか?
  1.元のように固体になる
  2.元には戻らない    」

と聞いてみます。
もちろん答えは1.であり、液体のナフタレンを冷やすと固体に状態変化します。水を冷やして氷になるのと同じです。しかし2.を選ぶ子も思いの外、多くいました。

「食塩が水にとける」時の溶解と、「氷がとけて水になる」時の融解
氷・食塩・砂糖 などの個々では経験的に区別できても、
ナフタレンのような、聞いたことが無い物質が登場すると、
感覚的が狂ってしまうようです。

温度が上がってその物自体が液体になるような変化が、融解です。

Check