1年生アルファコースのカリキュラム・授業日程|中学受験のためのアルファ理科実験教室

中学受験のアルファ理科実験教室
実験教室授業日程 実験教室カリキュラム 実験教室受講料金 実験教室風景 アルファコラム
アルファ実験教室受講予約

実験教室カリキュラム
  1年生|アルファコース
  2年生|ベータコース
  3年生|プライマリー
 

4年生|ベーシック

  5,6年生|スタンダード
  6年生|アドバンスト

 


  カリキュラム
   
2月
ゴムのちから
3月
くうきをつかめ
4月
じしゃくのひみつ
5月
しょくぶつのからだ
6月
ひかりのふしぎ
7月
電気をながすと
8月
いろいろな動物
9月
でんぷんはどこ?
10月
おとであそぼう
11月
きえるみず
12月
せいでんき
1月
金属いろいろ

 

     
  授業日程
 

A
(9:00〜11:00)
B
(11:30〜13:30)
C
(14:00〜16:00)
D
(16:30〜18:30)
 1月度

1/4
(水)

金ぞくいろいろ
     

1/6
(金)

金ぞくいろいろ
     

1/8
(日)

 
金ぞくいろいろ
   

1/9
(祝)

 
金ぞくいろいろ
   

1/13
(金)

     
金ぞくいろいろ
  16:10〜18:10
1/14
(土)
金ぞくいろいろ
     

1/22
(日)

 
金ぞくいろいろ
   

 2023年度 2月度 (2023年4月に小学校に入学する方)

12/26
(月)

ゴムのちから
(2023年度 新1年)
     

1/8
(日)

ゴムのちから
(2023年度 新1年)
     

1/29
(日)

ゴムのちから
(2023年度 新1年)
     

2/3
(金)

     
ゴムのちから
  16:10〜18:10

2/11
(祝)

   
ゴムのちから
 

2/16
(木)

     
ゴムのちから
  16:10〜18:10

2/19
(日)

 
ゴムのちから
   
 3月度 

3/5
(日)

くうきをつかめ
     
3/11
(土)
   
くうきをつかめ
 

3/17
(金)

     
くうきをつかめ
  16:10〜18:10

3/19
(日)

 
くうきをつかめ
   

3/23
(木)

   
くうきをつかめ
 
3/25
(土)
 
くうきをつかめ
   
 4月度 
4/1
(土)
じ石のひみつ
     

4/2
(日)

   
じ石のひみつ
 

4/6
(木)

     
じ石のひみつ
  16:10〜18:10
4/15
(土)
 
じ石のひみつ
   

4/21
(金)

     
じ石のひみつ
  16:10〜18:10

4/30
(日)

じ石のひみつ
     
 5月度 

5/5
(祝)

 
植物のからだ
   

5/7
(日)

   
植物のからだ
 
5/13
(土)
植物のからだ
     

5/19
(金)

     
植物のからだ
  16:10〜18:10

5/21
(日)

植物のからだ
     

6/1
(木)

     
植物のからだ
  16:10〜18:10
 6月度 

6/4
(日)

   
ひかりのふしぎ
 
6/10
(土)
ひかりのふしぎ
     

6/16
(金)

     
ひかりのふしぎ
  16:10〜18:10

6/18
(日)

ひかりのふしぎ
     
6/24
(土)
 
ひかりのふしぎ
   

6/29
(木)

     
ひかりのふしぎ
  16:10〜18:10
 7月度(7月度以降の予約受付は6月上旬に開始します) 

7/9
(日)

   
電気を流すと
 
7/15
(土)
   
電気を流すと
 

7/21
(金)

   
電気を流すと
 
7/22
(土)
 
電気を流すと
   

7/27
(木)

     
電気を流すと
  17:30〜19:30
7/29
(土)
電気を流すと
     
     
  「理科が始まる前に経験しておきたいこと」
     多くの塾では4年生から本格的に理科の学習が始まります。ですから「理科は4年生になってから始めよう」とお考えの方も多いことと思います。しかし4年生の理科は、何も知らない・何の経験も無いことを前提に、ゼロベースで話がスタートするわけではありません。むしろ、それまで生きてきた中で「身のまわりの自然にこのくらいは見て触れてきたよね」、「こういった現象は、経験してきているよね」ということを前提にして、それらの身近な経験を体系的にまとめることが学習のスタート地点です。

昆虫の体のつくり、植物のつくり、河川の様子、塩や砂糖をとかす、星座、氷・水・水蒸気の変化、空気、四季の気象、そういったことはある程度見たり行ったり知ったりしていることとして授業が始まるのです。

 私は学習塾で多くの子を指導する中で、子供たちのバックグラウンド知識があるかないかで、成績が大きく左右されることを痛感してきました。ある子は、それまでの人生、アニメ・ゲーム・カードのバーチャル世界に夢中で、知っておくべき基礎経験がまるでなく、驚くほど何も知らない状態だったりします。そういった子は、授業では次から次へと出てくる新しい言葉を理解するのに必死で「理科はたくさん覚えるのが勉強だ」と感じていきます。一方で日常生活で豊かな経験を持ち、授業で出てくる事象は既にほとんど見聞きしたことがある子もいます。その子にとっては「理科は知っていることを整理する勉強だ」と感じます。理科が得意になるかそうでないか、最初の分岐点は、こういったバックグラウンドの経験の多さにあります。

 子供達には理科を好きになってもらいたい。そのためには、まずはより多くの経験を積むのが一番近道だと考えています。本当は学習指導要領にとらわれず、自由な経験を存分に積んでもらうのも良いのですが、そうはいっても限られた時間である程度まとめ上げるために、カリキュラムは「後の学習で役立つ基礎経験を積む」ことを主眼に作りました。
 もちろん、実験を楽しく行うことで、理科を好きになってもらいたい、ということは当然ですが、それに加えて「中学受験の理科の前提知識となる経験を、少しずつ積み重ねておこう」これがアルファコースのねらいです。